ウェブアクセシビリティについて
©2023 グランデス,ltd.

不動産広告の徒歩1分が80メートルについて

2024年7月7日
不動産情報

不動産広告では、駅から徒歩〇〇分という表示をよく見かけますね。徒歩何分とよく聞くけど、それって何か基準があるの?と思った方は多いのではないでしょうか。実は、徒歩の分数表示にはしっかりとした基準があります。2022年9月1日に「不動産の表示に関する公正競争規約」「表示規約施行規則」が改訂されました。


不動産広告のルール

不動産広告は、「不動産の表示に関する公正競争規約」及び「表示規約施行規則」で定められています。全国9地区の不動産公正取引協議会連合会が自主規制として設けています。こちらに所属する不動産会社が守るべきルールです。消費者に不利益となるルール改正は認められない仕組みとなっているので安心です。
2022年9月以降の不動産広告は改正されたルールで表示しなければなりません。
マンション購入時は「駅から5分」となっていたのに、最新の不動産広告では「マンションから駅まで8分から15分」と表示されていたということも起こりえます。駅もマンションも移動していないのになぜ?と思うでしょう。それは、徒歩分数の表示基準が改正されたためです。

徒歩分数の基準と計算方法

不動産の物件広告に表示されている徒歩分数は、80m=徒歩1分として計算されています。基準となる80m徒歩1分とは、昭和38年に公正取引委員会の女性職員がハイヒールで歩いたスピードが基準となっています。徒歩1分を80mとして計算した際、ルールでは1分未満は切り上げすることになっています。

スニーカーで普通に歩くと、広告表示の時間より早く着いたり、坂道や信号の多い道では余分に時間がかかったりします。徒歩分数は、あくまでも目安です。ちなみに今回の改正では、こちらの計算方法に変更はありません。改正されたのは「どこを起点と着点にするのか」という問題です。距離の計測をする際は、A駅の着点は駅の出入り口となります。改札口ではないので、大きな駅や地下鉄では実際に電車に乗車するまでに予想外の時間がかかります。徒歩分数を見越して予定を立てていると、遅刻しますので必ず自分の足で確認しておきましょう。
改正される前は、施設から最も近い物件の敷地を測定ポイントとしていました。ですから、敷地の広いマンションや多くの戸建てがある分譲物件の場合、その敷地から施設までの最短ルートで表示していました。改正後は、マンションの起点は建物の出入口とされました。広い敷地を持つマンションでは、今までのルールでは敷地内の端を起点としていたものを、サブエントランスの玄関に変更になります。

不動産広告でよく目にする「駅まで徒歩5分」という表示、本当に信じていいの?と思っていた方は多いのではないでしょうか。実際には、徒歩1分を80mとして計算するというルールに基づいて表示されています。ですから、不動産屋によって徒歩分数が変わるということはないはずです。2022年9月のルール改正により、起点となる場所が、最短ルートだけではなく最も遠い場所からの時間表示もするようになりました。これで、広告表示との誤差が大いに軽減されることになります。

ですが、徒歩分数はあくまで目安となります。あまり広告表示の徒歩分数を鵜呑みにせずに、自分の足で歩いてみることをお勧めします。

 

 

不動産の売買取引(売却・購入)は専門性が高く、何から始めれば良いのか検討が 付かないことが多いと思います。 売却については現状ではいくらで売れて、どの位の期間で売れるのか。また、売却の仕方や税制面や、その他諸経費についても難しい内容がございます。 購入に関しては物件の構造・仕様・住宅ローン等の内容が複雑です。 上記を理解しているか、そうでないかで、損したり得したりする場合があります。 私は約30年間新築分譲マンション、売買仲介(実需用、収益用)の売買等幅広い分野で多くの取引に携わってきました。 今まで培ってきた経験と知識を生かして、売却や購入する際のメリット・デメリットを少しでもご理解頂き、皆様のお役に立てるように尽力させて頂きます。
宅地建物取引士  渋谷 義章
Fudousan Plugin Ver.6.3.0