ウェブアクセシビリティについて
©2023 グランデス,ltd.

住宅ローンのペアローンとは

2024年6月7日
不動産情報

ペアローンとは

住宅ローンの中でも、ペアローンは特に夫婦やパートナー向けの金融商品という位置づけで、夫婦やパートナーがそれぞれ別々の住宅ローンを組み、互いに連帯保証人になるローンの組み方を指します。この方式を選ぶ最大の理由は、個々の収入に応じたローンを組むことで、借入額や返済プランを最適化できる点にあります。

夫婦の一方が連帯保証人、収入合算で住宅ローンを契約する場合は、一人分の契約となります。仮に、夫が契約者、妻が連帯保証人の場合は物件の持ち分は夫のみです。一方、ペアローンの場合には、2人分の契約となるため、物件の持ち分は夫婦で案分するという違いが生じます。また、契約が2人分となることで諸費用が増える点に注意が必要です。

住宅ローンのペアローンの仕組み

ペアローンの大きな特徴は、夫婦やぱーとなーがそれぞれ別々に住宅ローンを契約し、」互いのローンに対して連帯保証人となる点にあります。この方式では、一方がローンの支払いに困難をきたした場合、もう一方がその責任を負うことになります。さらに、ペアローンではそれぞれのローンに対する契約内容が異なる場合が多く、例えば返済期間や利率などが一方と異なる場合があります。両者のローンに対する理解と調整が必要になるでしょう。

ペアローンと収入合算の違いとは

ペアローンでは、夫婦それぞれが住宅ローン控除の対象となります。これは、夫婦それぞれに住宅ローンを契約するため、それぞれの所得に対して控除が適用されるからです。

収入合算型の連帯保証型では、主債務者のみが住宅ローン控除の対象となります。これは、夫婦のどちらか一方が住宅ローンを契約し、もう一方が連帯保証人となるため、主債務者の所得にのみ控除が適用されるからです。一方、収入合算型の連帯債務型では、夫婦それぞれが住宅ローン控除の対象となります。これは、連帯債務者も住宅ローンの返済義務を負うため、それぞれの所得に対して控除が適用されるからです。

ペアローンを組むメリット

・借入額を増やせる
・団体生命保険にそれぞれ加入できる
・住宅ローン控除をそれそれ受けられる

借入額を増やせる

通常の住宅ローンでは、契約者の収入や信用状況に基づいてローン額が決定されますが、ペアローンでは2人の収入を合算することで、より高額のろーんを組むことが可能です。

団体生命保険にそれぞれ加入できる

ペアローンでは両社がそれぞれこの保険に加入することができ、もし何らかの不幸があった場合でも、生存しているパートナーの負担を軽減します。

住宅ローン控除をそれぞれが受けられる

住宅ローン控除をそれぞれが受けられる点です。住宅ローン控除は、住宅ローンの利子に対して受けられる税金の減税措置です。通常の住宅ローンでは、契約者のみが適用されますが、ペアローンでは夫婦やパートナーそれぞれが独立してこの控除を受けることができます。

ペアローンを組むデメリット

一方の収入が減少した場合、返済の負担が増大することです。例えば、片方が職を失ったり、長期の病気になったりすると、残った方の収入だけでローン全体を支払うことになり、経済的な負担になります。

ペアローンは、共に長期的な計画を立て、将来の資産形成を目指すパートナーがいる方にとっては、有益な選択です。
リスクをしっかりと把握し、適切な対策を講じることで、大きな利点があります。検討する際には、収入の安定性、計画性、将来の資産形成の観点、そして互いの支援体制を考慮に入れ、最適なローンを選びましょう。

Fudousan Plugin Ver.6.3.0