ウェブアクセシビリティについて
©2023 グランデス,ltd.

住宅ローン減税制度

2024年6月8日
不動産情報

住宅ローン減税の制度内容とは

住宅ローン減税とは、マイホームを購入した際等に税負担を軽減できる制度です。住宅ローンを借り入れて住宅の新築・取得または増改築などをした場合、年末のローン残高の0,7%が所得税から最大13年間控除されます。所得税から控除しきれない場合は、翌年の住民税から控除される仕組みです。

住宅ローン減税の制度内容は新築住宅と中古住宅で異なります。新築住宅の控除期間は13年間ですが、中古住宅は10年間です。借乳限度額も新築住宅と中古住宅で異なり、さらに環境性能による住宅区分ごとに細かく分かれています。2024年に入居する場合の借入限度額は、以下の通りです。

2024年に省エネルギー基準に適合しないその他の新築住宅に入居する場合、住宅ローン減税は受けられません。一方で省エネルギー基準に適合しないその他の中古住宅に入居する場合は、他の住宅区分より借入限度額が低いものの、引き続き住宅ローン減税を受けられます。

住宅ローン減税を受けるためには、主に以下の要件を満たさなければなりません。

・床面積が50㎡以上(※)
・合計所得が2,000万円以下(※)
・引渡または工事完了から6カ月以内に入居すること
・ローン期間が10年以上
・中古住宅は1982年1月1日以降に建築されたもの、または地震に対する安全性に係る基準に適合するもの
・買取再販は新築後10年以上経過している、宅地建物取引業者が取得・リフォーム工事・再販売するまでの 期間が2年以内。

※2023年12月31日までに、建築確認を受けていて合計所得金額が1,000万円以下の場合、新築住宅の床面積要件は40㎡以上にかんわされます。

環境性能による住宅区分

環境性能が高い住宅ほど、住宅ローン減税の対象となる借入限度額が高くなります。環境性能による住宅区分は以下の5段階です。

・長期優良住宅
・低炭素住宅
・ZHN水準省エネルギー住宅
・省エネルギー基準住宅
・その他の住宅

省エネルギー基準適合住宅

2024年1月1日以降に新築住宅に入居する場合、住宅ローン減税を受けるには省エネルギー基準適合住宅以上の住宅であることの証明書が必要です。証明書として、建設住宅証明書の写し又は住宅省エネルギー性能証明書のいずれかを提出します。

住宅ローン減税制度の変更点

借乳限度額が引き下げられる
新築住宅は2024年以降、すべての住宅区分で借入限度額が引き下げられます。2022・2023年入居と、2024・2025年の借入限度額の違いは以下の通りです。

引き下げ額は長期優良住宅・低炭素住宅は500万円,ZEH水準省エネルギー住宅は1,000万円、その他の住宅は3,000万円となります。

その他の住宅は減税を受けられなくなる

省エネルギー基準を満たさないその他の新築住宅は、2024年以降住宅ローン減税は受けられません

中古住宅は築年数などの要件が緩和される

新築住宅の住宅ローン減税は縮小する一方で、中古住宅は築年数などの要件は緩和されています。

具体的には、1982年以降に建築された中古住宅であれば、新耐震基準に適合しているため住宅ローン減税の対象です。建物の登記簿上の建築日付けが、1982年1月1日以降であるか確認します。
一方で1981年12月31日以前に建築された中古住宅であっても、新耐震基準を満たしていれば住宅ローン減税を受けることは可能です。
証明書として、耐震基準適合証明書、既存住宅性能評価書、既存住宅売買瑕疵保険の保険付き証明書の提出が必要になります。

2024年以降に住宅を購入する場合の注意点

2024年以降に住宅を購入っする方は、住宅ローン減税を受ける際に注意点があります。

・省エネルギー基準を満たす住宅を購入する場合の注意点
・その他の新築住宅を購入する場合の注意点
・中古住宅を購入する場合の注意点

中古住宅を購入する場合の注意点

中古住宅は2024年以降も住宅ローン減税の借入限度額は変わりません。新築住宅は建設時の環境負荷が大きいことから借入限度額が引き下げられていますが、中古住宅は既存住宅のため環境負荷が小さいため借入限度額が据え置きとなっています。
中古住宅であれば入居時期が2023年であっても、同じ要件で住宅ローン減税を受けられるでしょう。

2026年以降住宅ローン減税はどうなる?

現行の住宅ローン減税は、2025年の入居まで適用がきまっています。2026年以降に入居する場合も住宅ローン減税をうけられるかどうかは、現時点では不明です。

もし、適用期限が引き延ばされたとしても、今より減税効果がアップするとは考えにくいでしょう。現時点でマイホームを検討しているのであれば、購入に向けて早めに動き出すことをお勧めします。

 

 

Fudousan Plugin Ver.6.3.0